まったくM・Tが隣席にいるにも関わらず、ぼくは思わず取り残されたような想いになった。そのM・Tが握りこぶしを単にと挙げている。
「もし若草道場でロマンスが成立してしまった場合はどうしてなるんですか?」
 M・Tの本領発揮です。昔から会話の核心を突くような賢いヒヤリングで周りの教師やおとならを困らせていたが、ぼくにとっては痒いところに手が届くような上手いひとつです。断じてM・Tはライフスタイルのいち早くからとうに「如何に子どもが焼けるのか」と両親に質問するような直感豊かな坊やだったに不等ない。ぼくはさすがM・Tの先述のヒヤリングについても注目があった。
「なあM・T、お前急にどうしたんだよ」
 N・Tが心配した外見で元居た場へと戻ってきた。しかし、一切の身勝手な振る舞いにとうとう見兼ねた奥様に、
「輩が質問している時に茶々をいれるんじゃない!黙ってろこういうクソおでこが!」
 と、改めて意識を滅法殴られて要る。講堂いっぱいに響き渡るゴツンという鈍いサウンドと弾力上がる怒声。
「ちゃん、有難いヒヤリング!」
トシの肩を後ろからたたくと道場の若手係員は講堂から出てどっかへ行ってしまった。ベルタ酵素授乳