Month: 1月 2017

DreamHack Summer NiP vs Epsilon リアクション

ファーストラウンドでEpsilonが良いスタートを切り、キルこそ取れないもののNiP身の回りのページを賢く削り取る。
これが体調ブローになり、xelosの3キルに絆ピストルラウンドを獲得すると、disco doplan、xelosがキルを生産、3ラウンドを連取講じる。
幸先良いスタートを切ったが、これに立ちふさがったのはxiztとGeT_RiGhT。Xiztが反撃の手掛かりを作ると、GeT_RiGhTが3キルからフラグを生産始める。ブースト、玄関カットと何だかGTR劇場という感じであっという間に流れを奪い返す。
Epsilonもボム開店まではするものの、暴れまくるGTRに一心に削られ1ラウンドしか抑圧できず11-4で初期を片付ける。
後はEpsilonが率先し追撃やるも、堅実に好機でのラウンドを積み重ねたNiPが16-9で勝利した。
ただEpsilonのプレーヤーらの射出の直感はとっても多めで、DEや1タップキルなどを連発していたのが印象深い。
いずれ脅威に繋がる片鱗を見せた戦いでもあった。おいしい青汁販売店

トランプちゃんはジョンソンちゃんの二の舞になりそうな考えも決める

ついこの間までアメリカの大統領になると思っていたトランプさんでしたが、誠に最近はクリントンさんとの称賛の差が解く片方だということで私にとっても想定外の促進になっています。
クリントンさんがメイル問題で躓けば目星ありと踏んでいたトランプ立場だったと思いますが、誠にFBIはクリントンさんを訴追しないとの結論を出したので、
クリントンさんのメイル難点はこれからなかったことに向かうわけですからトランプ立場はまるごと意気消沈してしまったように見える。
トランプさんは資金面でも全く追い込まれている形勢なのでぴったり泣きっ面に蜂ときのトランプさんがいつまで選挙をやっていられるのかは皆目の不透明だと言えそうだし、己選挙からの敗北を選んでもおかしくない状況に来ているのかもしれません。
英国でもEU脱却派の読み手とされていたボリス・ジョンソンさんが次期首相になれないと見るや、やにわにそのクラスを放りだしている例もあるわけですからトランプさんにその傾向が無いとも限りません。しかもジョンソンさんとトランプさんは様子からして思い切り似てますから要注意でしょう。
後でいかなる促進が待ってるのかわかりませんがとっても注意はつきません。お金 借りる 低金利